メニュー

日本ペット診療所の院長について旭市・銚子市・匝瑳市

0479-74-3070

〒289-2704 千葉県旭市上永井875

Pet Medical Japan

院長紹介

院長 山川晃平 ペットの道産子

院長 山川晃平Kohei Yamakawa

経歴

1990年6月9日 和歌山市生まれ
智辯学園和歌山高等学校 卒業
2016年 北海道大学獣医学部生理学専攻 卒業
2016年~2017年 イギリスのAncient Universityと呼ばれるエジンバラ大学(University of Edinburgh)獣医学部にて犬・猫・馬における欧州の最先端臨床技術を学ぶ
2017年 日本ペット診療所院長に就任

臨床動物心理学を町田英文(パンク町田)に師事。
公認臨床動物心理士。

診れる医師ではなく治せる医師を志す。
様々な動物との接触や勉強を常に行い腕を磨いている。
患者動物のためにほぼ24時間365日体勢での診察を行い、年間4,000件の診察と500件以上のオペをこなす。
海外の新しい医療技術を積極的に取り入れ、世界基準の獣医学について各国の獣医師との情報交換を常に行っている。

趣味

動物の写真撮影・乗馬

ペット

道産子(ミッチー、ユッキーと共に日本を歩いて縦断。24時間テレビの密着をうける。)、パグ、ボーダーコリー、猫、ヒョウモントカゲモドキ、ハリスホーク、日本産爬虫類など

性格

非常におおらかでマイペースに見受けられるが、根底に持っている探究心と研究熱心な性分は本物である。

今後の展望

  • 多種生物の診療・研究データを応用し、組織・細胞レベルの比較解剖学に基づいた新種・珍種生物の獣医療
  • 難病(従来の医学では根治不能な症例)に対する新たなアプローチでの治療法の模索
  • 再生医療や、陽子線・重粒子線療法、電磁場療法など、人医学最先端の医療法の獣医療への適用
  • 欧米を始めとする諸外国の獣医学的技術の導入

主な出演 / 監修

  • Abema TV SNS運営会社企画におけるゲームアプリ主催イベント放送で犬の監修
  • 各局 情報バラエティー・報道番組におけるコメント

院長挨拶

私たち日本ペット診療所は、犬・猫などの一般的ペットだけではなく、爬虫類・鳥類・大動物といった特殊な動物においても、アジア動物医療研究センターにおける臨床データを活用し、診療を行っている動物病院です。

ペット、伴侶動物に限らず、どのような生き物であってもかけがえのないパートナーであり、その大切な命を守るために、私たちは全力を尽くしていきたいと思っております。
また、動物心理科を設け、動物における臨床心理学にも力を入れております。
動物とパートナー様を第一に考えた診療を行うために、相談しやすい環境作りに努めております。
診療時間外であっても、可能な限り対応いたします。

当院だから診られる動物、疾病が数多くあります。
言葉を話すことができない動物たち、その些細な変化に気付いたら、まずはお気軽にご相談ください。

院長紹介イメージ1 院長紹介イメージ2

page top